Author Archives: admin

実は簡単、ストレス解消レシピを紹介

ストレス解消と言えば、気分転換にスポーツやゲームをすることが精神的に有効な対策ですが、抗ストレス作用のある栄養素が含まれた食事を取ることも肉体的に効果のある方法です。 ストレス解消のために積極的に取りたい栄養素にはたんぱく質やビタミンが挙げられます。これらはストレスを感じた時に副腎皮質ホルモンと一緒に消耗されてしまうからです。 また、ミネラルのカルシウムやマグネシウムは不足するとイライラの原因になることで有名なので、これらを取ることもストレス対策には必要でしょう。他にはタウリンという栄養素も挙げられます。これは魚介類に多く含まれ、肝臓を修復したりコレステロールを下げたりする作用が知られています。 実際にタウリン入りのドリンクやサプリを飲んだことのある人も多いのではないでしょうか。応急処置的にはサプリなどでもいいのですが、なんと言ってもこれらの栄養素が豊富なレシピを食生活に取り入れるのが一番でしょう。 レシピを考えるのが面倒だという人にはやはり魚介類がおすすめです。もし、料理する時間が少しでも取れるならこれに加え、サラダや食後に果物を食べると心身の回復力がアップするでしょう。 お刺身にサラダと果物なら調理も簡単に済ませることができます。このようなストレス解消の食事メニューにしていくと余分なカロリーがないので自然と痩せていくのを感じられます。   肝臓で作られるタンパク質アルブミンとは? 肝臓は身体の中でも特に重要な働きをしている臓器です。一つの臓器で、さまざまな代謝機能を受け持っています。糖質代謝、タンパク質代謝、脂質代謝などです。多少食べ過ぎても、また体調不良で食べられなくなってもすぐに太ったり痩せたりしないのは肝臓に蓄えられた脂肪のおかげなのです。 肝臓が健康であるうちは内蔵脂肪サプリのおすすめ比較に頼る必要もないでしょう。 また、アルコールの分解やアンモニアなどの毒性の強い物質を水溶性の無害な物質に変換する解毒機能を担っています。このように、多種多様な機能を一度に行っているのが、肝臓なのです。 そのため、肝臓の機能が低下することによって、全身の倦怠感や腹水、浮腫などの症状が出てきます。 また、肝臓では、様々な重要な物質がつくられています。肝臓で作られている栄養素のひとつに「アルブミン」があります。アルブミンは、人間のたんぱくの約67%をしめるたんぱく質です。肝臓でのみ産生され、血液中のさまざまな物質や栄養を運搬したり、血液濃度を調整する働きを担っています。 肝臓が肝炎などによって代謝が悪くなると、アルブミンの産生も低くなります。そうなったら、低アルブミン血症になる可能性がでてきます。低アルブミン血症になると、血液が水っぽくなり、低栄養状態となるため、非常に危険です。

塩分を取りすぎると脳梗塞を引き起こす

生活習慣病は現代社会の悩みです。近頃問題なのが脳梗塞です。脳梗塞は親の遺伝も関係しています。しかし対処出来ないわけではありません。本当の脳梗塞の主な原因は塩分の取りすぎや肉の取りすぎに関係しています。 肉を取りすぎても脳梗塞にあまりよくないし、塩分などの味の濃いものや血圧の上がりやすいものは脳梗塞に要注意です。 脳梗塞を引き起こす原因は、血圧や運動不足の生活習慣病に関係しています。血圧が上がると太るし太ると食べる物も多くなります。だんだん運動もしたくなくなるし体が勝手に脳梗塞へと向かいます。もちろんこれだけではありませんが、病気から脳梗塞を引き起こすこともあります。 病気で動けない人はやはり運動不足になりがちです。運動不足になるとめりはりがなくなります。そうなると明日やればいいと考えます。今は欧米化社会にもなりがちだから塩分の入った食生活も多いです。欧米化の食生活は太る物やエネルギーが高いものがたくさんあり、メタボになります。   サラサラ血液になれるDHA・EPAを取ろう 青魚に含まれている油にはオメガ3脂肪酸というDHA・EPAが豊富で、血液サラサラ効果が あります。生活習慣病予防から美容まで幅広く作用しますから、積極的の取るのが おすすめです。 しかし、魚が苦手だという方も多く、サプリメントでも魚臭が気になるという方は エゴマ油を取りましょう。植物性のエゴマ油はα-リノレン酸が豊富に含まれていて、 これが体内に入るとDHAとEPAになります。 オリーブオイルのように料理に用いやすく魚が苦手な方でも摂取しやすいので、 サラサラ血液を目指して生活に取り入れてみましょう。 エゴマ油はシソ科の植物から取られた油で、癖が少なく誰でも取り入れやすいです。 抗酸化作用が高いので体内の活性酸素を押さえる働きにも期待できて、 老化防止にも役立ちます。 だいたい、1日に小さじ1杯くらいのエゴマ油を取れば充分なので、生活にも 取り入れやすいです。どうしても油っぽいのが苦手だとか取りにくいという方は おすすめのきなりサプリもありますから、上手に活用しましょう。   動物性脂肪のとりすぎは中性脂肪が増える原因です 中性脂肪やコレステロールが多いと脂質異常症と診断されます。脂質異常症は生活習慣病の一つです。肉やバター、ラードなど動物性脂肪のとりすぎは脂質異常症の原因となります。動物性脂肪は固体であることが多く、植物性脂肪は液体であることが多いです。 脂質異常症はメタボリック症候群の原因となります。メタボリック症候群とは内臓脂肪型肥満に高血糖、高血圧、脂質異常症のうち2つ以上の症状が一度に出ている状況のことをいいます。 メタボリック症候群になってしまった場合、生活習慣の改善が効果的です。グリセリンとは、無色透明の液体でアルコールの一種です。強い吸湿力を持つことから化粧品や軟膏などに利用されています。人間の体内では脂肪酸と結合することで中性脂肪として存在しています。 グリセリンは食品でも摂取することができます。グリセリンを含む食品はヤシ油やパーム油です。様々な学会で脂肪についての研究が行われており、発表されています。