実は簡単、ストレス解消レシピを紹介

ストレス解消と言えば、気分転換にスポーツやゲームをすることが精神的に有効な対策ですが、抗ストレス作用のある栄養素が含まれた食事を取ることも肉体的に効果のある方法です。

ストレス解消のために積極的に取りたい栄養素にはたんぱく質やビタミンが挙げられます。これらはストレスを感じた時に副腎皮質ホルモンと一緒に消耗されてしまうからです。

また、ミネラルのカルシウムやマグネシウムは不足するとイライラの原因になることで有名なので、これらを取ることもストレス対策には必要でしょう。他にはタウリンという栄養素も挙げられます。これは魚介類に多く含まれ、肝臓を修復したりコレステロールを下げたりする作用が知られています。

実際にタウリン入りのドリンクやサプリを飲んだことのある人も多いのではないでしょうか。応急処置的にはサプリなどでもいいのですが、なんと言ってもこれらの栄養素が豊富なレシピを食生活に取り入れるのが一番でしょう。

レシピを考えるのが面倒だという人にはやはり魚介類がおすすめです。もし、料理する時間が少しでも取れるならこれに加え、サラダや食後に果物を食べると心身の回復力がアップするでしょう。

お刺身にサラダと果物なら調理も簡単に済ませることができます。このようなストレス解消の食事メニューにしていくと余分なカロリーがないので自然と痩せていくのを感じられます。

 

肝臓で作られるタンパク質アルブミンとは?

肝臓は身体の中でも特に重要な働きをしている臓器です。一つの臓器で、さまざまな代謝機能を受け持っています。糖質代謝、タンパク質代謝、脂質代謝などです。多少食べ過ぎても、また体調不良で食べられなくなってもすぐに太ったり痩せたりしないのは肝臓に蓄えられた脂肪のおかげなのです。

肝臓が健康であるうちは内蔵脂肪サプリのおすすめ比較に頼る必要もないでしょう。

また、アルコールの分解やアンモニアなどの毒性の強い物質を水溶性の無害な物質に変換する解毒機能を担っています。このように、多種多様な機能を一度に行っているのが、肝臓なのです。

そのため、肝臓の機能が低下することによって、全身の倦怠感や腹水、浮腫などの症状が出てきます。

また、肝臓では、様々な重要な物質がつくられています。肝臓で作られている栄養素のひとつに「アルブミン」があります。アルブミンは、人間のたんぱくの約67%をしめるたんぱく質です。肝臓でのみ産生され、血液中のさまざまな物質や栄養を運搬したり、血液濃度を調整する働きを担っています。

肝臓が肝炎などによって代謝が悪くなると、アルブミンの産生も低くなります。そうなったら、低アルブミン血症になる可能性がでてきます。低アルブミン血症になると、血液が水っぽくなり、低栄養状態となるため、非常に危険です。